女性研究者名鑑
保井コノ
黒田チカ
湯浅年子
辻村みちよ

HOME > 女性研究者名鑑 > 湯浅年子



湯浅年子--国際的な女性物理学者
湯浅年子

 湯浅年子はフランスを拠点として国際的に活躍した女性物理学者です。
 湯浅は明治42(1909)年東京に生まれました。東京女子高等師範学校理科から東京文理科大学物理学科へ進学、昭和9(1934)年同校を卒業して物理学研究の道に踏み出します。しかし男女差別は著しく、望むような研究の場を得ることは難しい状況でした。その頃フランスではジョリオ=キュリー夫妻が人工放射能を発見しており、その論文に感動した湯浅はフランス行きを決意します。


略歴

明治42(1909)年 12月11日、東京下谷区(現台東区)で生まれる。
昭和2(1927)年 東京女子高等師範学校理科入学。
昭和6(1931)年 同校理科卒業(写真)、東京文理科大学物理学科入学。(21歳)
昭和9(1934)年 東京文理科大学卒業、同大学物理学科副手。原子核分光学研究開始。
昭和10(1935)年 東京女子大学講師。(1937年まで)
昭和13(1938)年 東京女子高等師範学校助教授。
昭和15(1940)年 フランス留学。(30歳)
コレージュ・ド・フランス原子核化学研究所F.ジョリオ=キュリー教授のもとで原子核研究開始。
昭和18(1943)年 12月、フランス国家学位(理学博士)取得。(33歳)
学位論文「人工放射性核から放出されたβ線連続スペクトルの研究」。


資料

「スケッチ」

  • 湯浅年子資料 Tombeau de Mme Curie a Sceaux
  • 湯浅年子資料 aux Cimetieres de Sceaux
  • 湯浅年子資料 a l'Odeon
  • 湯浅年子資料 a l'Odeon
  • 湯浅年子資料 aux Cimetieres du Pere-Lashaise, le tombeau de Alfred Musset

「写真」

  • 湯浅年子資料 愛日小学校卒業記念写真 
  • 湯浅年子資料 東京女高師付属高等女学校 (お茶の水高女) 
  • 湯浅年子資料 東京女子高等師範学校入学の頃 
  • 湯浅年子資料 パスポートの写真
  • 湯浅年子資料 東京文理科大学物理学科卒業研究 アンチモン原子スペクトル測定中

学術論文リスト

湯浅年子学術論文リストpdf