HOME > お茶大の歩み


お茶大の歩み
開学と黎明期 明治7(1874)年~明治22(1889)年
女高師の時代 明治23(1890)年~明治40(1907)年
東京女高師へ 明治41(1908)年~大正11(1922)年
震災と復興 大正12(1923)年~昭和11(1936)年
大正12(1923)年 大正13(1924)年 大正14(1925)年 大正15(1926)年
昭和2(1927)年 昭和3(1928)年 昭和4(1929)年 昭和5(1930)年
昭和6(1931)年 昭和7(1932)年 昭和8(1933)年 昭和9(1934)年
昭和10(1935)年 昭和11(1936)年
大塚の新校地へ 昭和12(1937)年~昭和20(1945)年
新制大学へ 昭和21(1946)年~昭和27(1952)年
お茶の水女子大学 昭和24(1949)年~平成15(2003)年
国立大学法人お茶の水女子大学 平成16(2004)年~
・・・この年の出来事
・・・この年の卒業生数

大正12(1923)年

関東大震災、旧丸ビル竣工
3月:文科23名  理科18名  家事科44名  選科6名  図画専修科12名  7月:家事科1名
月日本校附属校園
6月16日 桜蔭会、師範教育改造同盟大会に参加、「女子高等師範学校を昇格して師範大学とすること」を審議。
9月1日 関東大震災のため、校舎焼失。
9月2日 東京音楽学校内に仮事務所設置。
9月 附属高等女学校、仮教場を東京府女子師範学校、女子学習院、帝国女子専門学校に設置し、授業開始。
10月1日 仮事務所を東京府女子師範学校内に移し、同時に仮教場および仮寄宿舎を設置。
10月22日 桜蔭会、東京連合婦人会(9月28日結成)に加入を決定。

大正13(1924)年

第2次憲政擁護運動、米国排日移民法成立、甲子園野球場・明治神宮競技場開場  全国小学校連合女教員会創立。婦人参政権獲得期成同盟会結成。
3月:文科22名  理科17名  家事科46名  選科6名  図画専修科13名  11月:文科1名
月日本校附属校園
3月14日 桜蔭会、桜蔭女学校設立。
3月20日 仮校舎落成。
10月27日 皇后行啓。

大正14(1925)年

治安維持法・普通選挙法成立、ラジオ放送開始   全国女子学生同盟結成。
3月:文科35名  理科23名  家事科36名  選科6名  図画専修科12名
月日本校附属校園
3月11日 第六臨時教員養成所に歴史地理科を設置(4月授業開始、昭和8年3月廃止)。
11月29日 開校五十年記念式挙行。皇后行啓。

大正15・昭和元(1926)年

全国連合女子教育大会開催(女子高等教育促進、機会均等要求運動)。幼稚園令公布。女子学生社会科学連合会結成。
月日本校附属校園
8月27日 高等師範学校及女子高等師範学校生徒募集規程制定、第一・第二志望制を廃し、試験場も外地を除けば各県庁所在地から八か所にまとめられる(昭和3年8月に東京・奈良のみとなる)。
女高師、附属校園合同の運動会開始(昭和6年より合同運動会と附属学校別々の運動会とを隔年に行う)。

昭和2(1927)年

金融恐慌、モラトリアム、山東出兵、東京に地下鉄開業  師範学校・中学校・高等女学校教員無試験検定許可規程制定。
月日本校附属校園
2月28日 吉岡郷甫、校長に任ぜられる(~昭和10年4月)。
5月9日 桜蔭会、母校昇格準備委員会設置。
6月17日 校務分掌規程制定、会議規程改正(9月1日施行)。
7月26日 生徒課幹事の問題につき、神田区駿河台の文化学院において在京卒業生有志大会開催。
9月11日 理科における選修制を強化。
10月 生徒心得細則制定。

昭和3(1928)年

最初の普通選挙実施、満州某重大事件   文部省、思想問題に関して訓令。
月日本校附属校園
2月 附属高等女学校、実科廃止を決定(昭和5年3月廃止)。
3月 附属高等女学校、専攻科英語部廃止。
10月30日 生徒監を生徒主事に改め、別に生徒主事補を設置。
11月26日 小石川区大塚町三五番地の一四号、東青柳町二八番地の一号を新校地として文部省より交付される。

昭和4(1929)年

世界大恐慌   文部省社会教育局に学生部設置。帝国教育会ほか教育関係二十一団体、教員定員削減・減俸に反対を決議。
月日本校附属校園
7月1日 本校卒業生3名、文部省の女子監学官に就任。
9月14日 選修制が各科に拡大。
10月27日 大塚の第一寄宿舎竣工(11月22日移転)。

昭和5(1930)年

金解禁実施、ロンドン軍縮会議、統帥権干犯問題、国産初の電気洗濯機・冷蔵庫発売
月日本校附属校園
3月 附属高等女学校、通学用の標準服五種を制定(昭和7年4月よりそのうちの二種を制服とする)。
11月 集会所および雨天体操場竣工。集会所を嚶鳴舎と名づける。

昭和6(1931)年

満州事変、高橋財政、金輸出再禁止   師範学校規程全面改正。
月日本校附属校園
6月 附属幼稚園竣工。
7月12日 「如蘭」創刊。
7月 桜蔭会・作楽会の寄付によりプール完成。
10月13日 文部省および本校主催で「母の講座」開催(~11月17日)。
11月1日 極左組織を作ったとして生徒の処分を評議会で決定(退学10名、諭旨退学7名、戒飭5名)。

昭和7(1932)年

満州国建国、5・15事件、チャップリン来日   大日本国防婦人会創立。
月日本校附属校園
4月 学生新聞「お茶ノ水新聞」発行(11月18日の評議会は関係者5名のうち生徒3名の諭旨退学の処分を決定)。
8月31日 本館および講堂竣工。
11月29日 開校記念式ならびに附属高等女学校創立五十年祝賀式挙行。
12月28日 本校および附属幼稚園、新校舎に移転。

昭和8(1933)年

国際連盟脱退
月日本校附属校園
12月 図書閲覧室および書庫竣工。

昭和9(1934)年

東北地方大凶作、帝人事件   文部省に思想局設置(学生部を昇格)。
月日本校附属校園
3月31日 附属小学校、新校舎に移転。
10月29日 開校六十年記念式挙行。皇后行啓。

昭和10(1935)年

天皇機関説問題  青年学校令公布。
月日本校附属校園
3月31日 附属高等女学校とその雨天体操場完成。
4月2日 下村寿一、校長に任ぜられる(~昭和20年1月)。

昭和11(1936)年

2・26事件、阿部定事件  師範教育改善促進連盟師範教育改革案発表。
月日本校附属校園
3月24日 構内に第二寄宿舎完成。
4月11日 第六臨時教員養成所の家事裁縫科再設。
6月 正門の工事と校内道路の舗装工事完了。
10月21日 皇后行啓。
11月28日 新校舎に移転完了、落成式挙行。
11月29日 開校記念式挙行、引き続き落成記念祝賀会開催。